主様の仕事が急に休みになりました。
『これから着替えて、kanaeの元に向かいます…』と朝、主様からメールが届き、kanaeの仕事の合間に会う事になりました。
主様の行動力には毎回驚かされます。
前回の調教からまだ4日しか経っていませんが、主様に会えるのは嬉しいです。

主様はkanaeの時間に合わせて待っていてくださりました。
お昼のお弁当を買って、主様の待つ場所に向い一緒に車の中で食べました。
お茶は2本準備しましたが、主様が飲ませてくださり1本を仲良くいただきました。
他愛のない事でも主様と一緒だと幸せに感じてしまいます。

待ち合わせ場所は車が少なく、後部座席で責めていただきました。
いつもなら前日の夜にお手入れしてくるのに、急な逢瀬だったのでそんな時間などなくて…主様に見られるのがとても恥ずかしかったです。
座席に横にさせていただき、主様はkanaeの頭が痛くないように…と枕代わりに、ぬいぐるみを当ててくださりました。
主様のちょっとした気配りに愛情を感じます。
やっぱり主様に触れてもらうのが一番気持ちいい…でも愛撫だけでは我慢できなくなり、狭い車の中で主様におねだりして入れていただきました。
車の中で入れていただくのは初めてで、誰かに見られるんじゃないか…とか考えてしまい、余計にドキドキしました。

kanaeは時間を忘れていましたが、ちゃんと主様が時間を気にしてくださり遅刻せず間に合いそうです。
ほんの少しの時間でしたが、主様に触れていただけて嬉しかったです。
主様に見送られながら、kanaeは仕事に向かいました。
仕事が終われば、大好きな主様が待っていてくれる…幸せです。

kanaeの仕事が終わるまで、主様は待っていてくださいました。
今度は、すぐにホテルに向かいました。
土曜日という事もありホテルは満室で、準備中のお部屋が3室残っているだけ。
あまり時間がないので、主様は外にいた従業員の方に一番早く準備できるお部屋を聞いてきてくださいました。
10分くらい…との事でしたが、車を止めイチャイチャしようとしていたら準備が終わり、早めにお部屋に入ることができました。
いつも空いていない初めてのお部屋でした。
208号室
BlogPaint




時間もないので、サービスのデザートも飲み物も注文せずに、いつものようにkanaeの指定席に収まり、イチャイチャして楽しい時間を過ごしました。
また、いつものように…あまり覚えていないのですが、たくさん主様に可愛がっていただき、kanaeはぐったりしてしまいました。
kanaeを開脚させ、お手入れをしていない恥かしいオ〇ンコを、主様は楽しそうに写真に撮りました。

BlogPaint



主様は浴室に連れて行ってくださいました。
記憶が曖昧です。。。
たぶん…アナルを指でほぐしていただきました。
親指かな??って太さの指を出し入れしていただき、主様のオ〇ンポがアナルの入り口に当たりました。
朦朧とする頭の中で、オ〇ンポはまだ無理…痛くなる…そう思いましたが、主様は後ろからゆっくりと入れてくださいました。
ちょっと身構えてしまいましたが痛みは全然なく、そのまま湯船につかりました。
主様に背をむけたままになってしまったので、向かい合いたくて主様と繋がったまま、ゆっくりと向きを変えてみました。
アナルで繋がったまま180度回転できた事には驚きました。

あまり時間がありませんでしたが、主様の抱っこが気持ち良くて、のんびりしすぎてしまいました。
ぐったりしていたので髪も濡れてしまいました。
主様はkanaeの身体をバスタオルで拭いてくれ、ドライヤーで髪を乾かしてくださいました。
何から何まで主様にお世話していただき、kanaeは主様に甘えっぱなしです。
でも、もともと甘えん坊なkanaeは、主様に甘えられるのがとても幸せです。

kanaeはその後も仕事があり、一時間ちょっとしかホテルに居れませんでしたが、予定していなかった日に主様に会う事ができ、可愛がってもらえ嬉しかったです。