今日は、kanaeのお仕事がお休みでした。

いつものように、主様と電話で話しました。

まだ家に家族がいたので、kanaeはベッドに潜り主様と話していました。

最近は主様と頻繁に会えていたので、オナする事がありませんでした。

『ちょっとクリを触って見なさい…』と、主様からのお言葉をいただきました。

kanaeは指でクリを触りました。

凄く気持ちいい。。。

『ちゃんと、片方の指でクリを広げて触るように…』と、主様はおっしゃいました。

もちろん、淫乱なkanaeはそうしていました。

クリの先が尖っているのがわかりました。


でも、いつもkanaeはオナする時はオモチャを使っていました。

主様の前でオナする時も、オモチャを使っています。

オモチャではなく、指でオナをするのは凄く恥ずかしくて…

しばらく指でオナしていましたが、ローターを使う許可をいただき、久しぶりにローターを出しました。

『電池は大丈夫か?』と、主様。

スイッチを入れると、ちゃんと動きました。

『クリに当てます…』と、kanae。

やっぱり気持ちいい。。。

身体が熱くなり、火照ってくるのがわかりました。

少し汗ばんできて、kanaeは逝きました。


いつもkanaeは、逝くときに『イグッ…』と、ナマっているそうです。

今日は、ちゃんと『イク…』と、可愛く言えたようです。

『今日は、ナマっていなかったな…』と、主様はおっしゃいました。

kanaeは気持ち良くて、そのまま1時間くらい寝てしまいました。


指でオナをするのは、凄く恥ずかしいです。

厭らしい指の動きを主様に見られるの、凄く恥ずかしい。。。

でもいつか主様に、そんな厭らしいkanaeの姿も見てほしいです。

主様に会える日が待ち遠しいkanaeです。