今日から3日間、続けて主様に会える事になりました。
でも今日もまたkanaeは仕事があり、お仕事の合間の逢瀬です。

kanaeの仕事の空き時間に合わせて、主様は待っていて下さいました。
あまり時間もない事もあり、下半身だけ全裸になり、イルカちゃんでクリを責めていただきました。
気持ち良くてちょっとだけお漏らしをしましたが、焦らされ続けて途中で責めが中断されました。
BlogPaintBlogPaint



『kanae、ムズムズしたまま仕事してきなさい…』
そう主様に言われ、kanaeは仕事に戻りました。

主様が待っていてくれる…そう思うと時間が過ぎるのが早く感じました。
4時間後、主様の待つ場所に向かい、ホテルに行きました。
ちょうど、入ったことのないお部屋が空いていて入りました。
202号室
BlogPaint



清潔感のある、こじんまりしたお部屋でした。
仕事先でいただいた3種類の水羊羹を主様と仲良く食べました。

主様に服を脱がせていただき、すぐに全裸になりましたが、汗ばんでいて、その事を主様に言われて恥ずかしかったです。
主様の服は、いつものようにkanaeが脱がせていただきました。
主様がソファーに腰かけ、『おいで…』と言われた気がして、主様の膝の上に乗ろうとした時、
『ご挨拶は?』と主様に言われて、ご挨拶が済んでいないことにようやく気付きました。

ご奉仕を始めると、主様の気持ちよさそうな声が聞こえます。
kanaeのご奉仕で感じてくれてると思うと嬉しいです。
主様の手がkanaeの頭に触れ、喉の奥まで入れていただきました。
主様に喜んでいただけてる…そう感じる幸せな瞬間です。

kanaeの指定席に久しぶりに収まりました。
主様は、『やっぱりkanaeの中は気持ちいい…』そう言って下さいます。
kanaeも主様と繋がっていると凄く気持ちよくて、恥かしいのも忘れて、はしたなく動いてしまいます。

このお部屋には、マッサージチェアーはなかったので、主様がM字緊縛しやすいように麻縄で下準備して下さいました。
そして、首に少し太めの拘束具をつけていただきました。
少し太めの拘束具は、存在感があってドキドキしてしまいました。
BlogPaint



kanaeスペシャルの様に両手を拘束具で固定していただき、ベッドに横になりました。
馴れた手つきで、主様はM字に緊縛してくださいました。
緊縛してくださる主様の姿を見るのが好きなkanaeですが、主様の緊縛が始まると目を開けていることができなくて…。
この辺りから、また記憶が曖昧です。。。
BlogPaintBlogPaint



覚えているのは、アナルまで伝ったkanae の感じたお汁で、主様の指がアナルに入った事…。
そしてアナルに指が入ったままクリを責めていただき、イッた事…。

アナルに指が入ったままでイッたのは初めてでした。
少しずつですが、kanaeの身体が主様に開発されていくのが嬉しいです。
アナルでもイケるような淫乱な身体になりたいです。

縄を解いてもらっても、しばらくは動けませんでした。
今日も綺麗な縄跡がつきました。
BlogPaint



たぶん…主様がお風呂の準備をしてくださったように思います。
今日はwineの入浴剤です。DSC_0356





たくさんの泡で楽しんだ後、お風呂の中で、フィストしていただきました。
久しぶりのフィストだったので、痛くないか…ちょっと不安でしたが、スルリと入りました。
あまりにもすんなりと主様の手を受け入れたので、自分の手で主様の腕がはいってるのを確認してしまいました。
主様の手首までしか確認できず、すっぽりと入ってるのがわかりました。
kanaeは、主様の手で中をグリグリと動かしてもらえるのが凄く気持ち良くて、大好きです。
BlogPaintBlogPaint



たくさんの泡のお風呂で、記念写真も撮っていただきました。

kanaeはまだ仕事が残っていたので、早めにホテルを出ましたが明日も主様に会えます。
楽しみです。