今日は祝日でしたが、主様もkanaeもお仕事でした。
kanaeの朝一番の仕事が終わり主様と連絡をとると、主様がまたkanaeに会いに来てくださる事になりました。

kanaeはもう一つ仕事を済ませれば夕方まで時間が開くので、前回よりちょっとだけ長く主様と一緒に過ごせます。
今日は主様がお弁当を準備して下さいました。
『何が食べたい?』と主様に聞かれ、お腹がペコペコで、お肉系をお願いしました。

ホテルに向かい空いているお部屋に入りました。
入ってみると以前入った事のある、主様のお気に入りのお部屋でした。
BlogPaint





ソファーに腰かけている主様に、いつものようにご奉仕をして、イラマチオをさせていただきました。
しばらくして主様が『おいで…』と声をかけてくださり、kanaeの指定席に収まりました。
kanaeの指定席、主様の膝の上はとても気持ちが良くて、恥かしいくらい動いてしまいます。
今日も主様は動画を撮っていたようです。
それもkanaeの恥ずかしい顔をたくさん…。
『kanae、お漏らししたな…』そう言いながら、主様はタオルで拭いてくださりました。

今日は前回の逢瀬よりも少し時間があるので、サービスのデザートとドリンクを注文しました。
BlogPaintBlogPaintBlogPaint




主様の準備してくれたお弁当を、仲良くおかずを交換しながら、美味しくいただきました。
デザートのマンゴープリンと水羊羹は、kanaeが主様に食べさせてあげました。
今日はkanaeが自分で乳首に生クリームをたっぷりつけ、主様に舐めていただきました。
乳首を舐めていただき、少し強めに吸われると、ちょっとだけ痛いけど気持ちいいです。
kanaeの乳首を舐めてくれる主様の姿を見るのが、とても好きです。

お返しに主様にも生クリームをつけkanaeがぺロぺロと舐めました。
主様は『そうきたか…』とおっしゃっていました。
とても美味しく食させていただきました。

前回、急に会う事になりお手入れをせずに主様に会った時から、お手入れする事を止められていました。
少しだけ伸びた部分を主様に剃っていただくためにお風呂に向かいました。
床にマットを敷いてくださり、バスタオルで枕代わりにしてくれました。

主様に剃ってもらうのは少しくすぐったくて、それも何故か左側が凄くくすぐったい…
アナル周りも剃っていただきました。

フィストのおねだりをしました。
『仰向けと四つん這い、どっちがいい?』と主様に聞かれ、髪の毛を濡らしたくなかったので四つん這いを選びました。
たくさんローションをつけた主様の手がkanaeの中に入ってきました。
もう簡単に入るようになり、主様は右手、左手…と交互に入れてきます。
この辺りから、また記憶が曖昧になってきました。
凄く感じてしまい、何故かまた左脚だけムズムズして腰が退けてしまった気がします。
主様はそんなkanaeの姿を見て楽しんでいるようでした。
『後ろからフィストするのもいいな…』そう主様は楽しそうに仰いました。

アナルに主様の指が入り、親指が入った感覚の後、主様のオ〇ンポを入れていただきました。
親指だけじゃ主様のオ〇ンポは無理…そう思ったのに、すんなり受け入れていました。
何度も出し入れをしているうちに、kanaeのアナルはポッカリと開いてしまったようです。
それを主様に言われて、恥ずかしくなりました。
アナルに主様のオ〇ンポを入れたまま、今日も湯船につかり、主様と向い合せになるように回転しました。
こんな事ができるようになったのは、主様の調教のお陰です。
少しずつですが、身体を開発されていくのが嬉しいです。

オ〇ンコとアナル、それぞれに主様の指が何本か入り、kanaeの二つの穴の中はキツキツでした。
その状態で主様はアナルに入れた指を動かしてくださいました。
また左脚がムズムズしてきて、アナルもオ〇ンコも気持ちいいんだけど、ゾクゾクして変な感覚に襲われました。
もうダメ…そう思い主様にその事を伝え、手を動かすのを辞めていただきました。

クタクタで、抱っこしていただき湯船につかりました。
時間ギリギリまで主様と楽しい逢瀬を過ごせました。