前回の調教から10日、数日前に私は風邪をひいてしまいました。
主様に風邪を移しちゃうんじゃないか…そう思いましたが、
『調教はkanaeの体調次第で、まったりとベッドで過ごすのもいいだろう…』と主様が言って下さりました。

主様の車に移ると、少し熱っぽいな…そう言われ、プチ露出なしで、まっすぐホテルに直行しました。

217号室
BlogPaint





ホテルで主様に服を脱がせてもらい、少し短く縫い直したミニスカートをはいてお披露目しました。
そしてテーブルに手をつき、主様にアナルを指で解していただいた後、オ〇ンポを入れていただきました。
最近は体調不良でアナルの練習をしていなかったので心配でしたが、少しも痛みは感じませんでした。
主様に調教していただき、少しずつ主様好みに身体が変わっていくのが嬉しいです。
そしてアナルの中に、主様の温かい聖水を入れていただきました。

ソファーに腰かけている主様にご挨拶をし、ご奉仕をしました。
喉の奥まで入れようとしましたが、私の体調を心配してくださり、今日はイラマチオはしなくていい…そう仰いました。
しばらくして『おいで…』と声をかけていただき、主様の上に向い合せに抱っこする形で、主様の温かいオ〇ンポの上に重なりました。
たくさんキスしたり、愛撫していただいたり、久しぶりの主様の感触が気持ち良くて、主様に抱きついていました。

指輪代わりのお揃いの物が欲しくて、チョーカータイプのネックレスを準備しました。
そのネックレスをお互いに着け合いっこをし、しばらく主様とイチャイチャしていました。

後ろ手に緊縛していただき主様の膝の上にお腹を乗せて、お尻を平鞭で叩いていただきました。
平鞭で叩かれたのは初めてで、優しく撫でられたり、強弱をつけて叩かれたり、スパンキングに変わったり…続けて叩かれると凄く痛くて、主様の脚にしがみついていました。
痛いけど主様に叩いていただけるのは嫌じゃなくて、もっと叩いてほしい…そう思いました。

その後ベッドにうつ伏せに寝かされ、バラ鞭でも叩いていただきました。
バラ鞭は痛みはなく、パラパラ…と当たるのが、くすぐったい様な感じもしましたが心地良かったです。
BlogPaint




平鞭は凄く痛かったのですが、後で写真を見せてもらったら思っていたほど赤くはなっていませんでした。
主様に聞いたら、私の体調が悪かったので手加減してくれたそうです。
手加減なし…は、もっと凄く凄く痛いと思うと心配ですが、主様にまた平鞭で叩かれたい…と思ってしまいます。

今日のサービスのデザートは、マンゴープリンと水羊羹でした。
どちらも美味しくいただき、生クリームは乳首に付けていただき、主様に舐めていただきました。
DSC_0287-1DSC_0289-1





主様は私の体調が悪いので栄養あるものを…そう言って下さいましたが、お腹の調子も悪かった事もあり消化の良いうどん、主様は焼き肉定食、それとシーザーサラダを仲良くいただきました。
主様といただく食事はいつも美味しくて、とても楽しみな時間でもあります。
当分ダイエットはできそうもなく、実際に主様と出逢ってから太りました…

電マにアタッチメントをつけた物で責めていただきました。
オ〇ンコの中での振動も凄いけど、ク〇トリスに当たる部分も凄くて…脚を閉じて刺激を抑えたいのに、主様の身体で固定され閉じる事ができません。
電マの音が高くなり、ますます刺激が強くなってきて…凄く気持ちいいのと、あまりにも強すぎて痛い気もするけど、それでもやめてほしくない、自分でもどうして欲しいのかわからなくなります。
脚を閉じられなくされたり、刺激を強くされたり、優しい主様が責め始まると意地悪に感じる時がありますが、そんな責めをしてくれる主様が大好きで、淫乱な身体に導いていただけ、とても幸せです。

今日もフィストをしていただきました。
前回ほどの痛みもなく、スムーズに主様の手が入りました。
奥の方で優しくグリグリと動かされると凄く気持ち良くて…たぶん叫んでいたような…アナルにもローターが入っていたような…いつもですが、感じすぎて記憶が曖昧になってしまいます。
その状態でク〇トリスに電マが当てられると、凄すぎて…

きっと凄く感じて濡れていたのだと思います。
時おり主様は、タオルでオ〇ンコ周りを拭いてくれ、安心したのを覚えています。

主様が私の手を入れてフィストさせてみたい…そう言っていたのを思い出し、朦朧としながら自分の手を入れさせていただきました。
なかなか全部は入らず、指の半分くらいまで4本横にそろえたままで入りました。
信じられないほどヌルヌルになっていて、温かい…ここに主様の手がすっぽりと入るようになったのが嬉しくて仕方ありませんでした。
主様にそんな淫乱な身体に開発していただけた事が嬉しかったです。
BlogPaint




今回は、主様の手の大きさほどのディルドも入れていただきました。
一番初めの時に見せていただいた大きなディルドでした。
主様の手とは違う大きな冷たい塊がオ〇ンコの中に入りました。
そして電マでの責めをされると、もう凄すぎて大変です。

動けなくて、ベッドにぐったりしていると、うつ伏せにされアナルに聖水をいただきました。
今日は5回、主様の温かい聖水をアナルにいただきました。
主様の聖水が私の中に入ってくる…それが嬉しいです。
BlogPaint





ちゃんと浣腸もしていただきました。
浣腸液でお腹の中が一杯になると、主様の膝の上に向い合せに座るのが当たり前になってきました。
主様の膝の上は、kanaeの指定席です。
恥かしくて主様に抱きつきながら、主様の聖水の浣腸と一緒に、たくさんの恥かしい事が続きます。
何度、主様の前で見ていただいたことか…いまだに慣れず恥ずかしいです。

お風呂でもフィストしていただいた様な…フィストじゃなかったかな?…よく覚えてないのですが、気持ち良かったのは覚えています。
その時ちょっとしたアクシデントがあり、今までの中で一番恥ずかしかったように思います。

そして陰毛の幅を、前回より1センチほど狭く剃っていただきました。
段々主様好みの姿に近づいていくのが嬉しいです。

夜、主様からメールが届きました。
kanaeには、体調悪いのにもかかわらず頑張ってもらえたので楽しめました。

大好きな主様に楽しんでもらえるのが一番嬉しいです。
私も楽しい時間を過ごせました。

次回の調教までには体調を整えて、もっと楽しい調教の時間にしたいです。