パイパン奴隷…kanaeの日記

経験豊富なご主人様に 調教していただいています♡

2013年07月

温泉での調教

お泊りできないkanaeのために、主様がサプライズで日帰り温泉を予約してくださいました。
今日はそのホテルに連れて行っていただき、調教していただきました。

楽しみで早めに出かけたのに、待ち合わせ場所の駐車場が開くのがいつもよりも遅れていて、主様の車の中でキスしたり愛撫したり、ちょっとだけ着替えをしたり…イチャイチャして時間を潰していました。
そんな時、外を歩いていた年配の男性と目が合った気がして恥かしかったです。
その事を主様に話すと、向こうの方を見ていたから大丈夫…そう言われ、ちょっとだけホッとしました。

しばらくして、車を移動するために主様の車から降りると、先ほど目の合った男性がこちらに歩いてきて、また目が合いました。
やっぱり見られてた???
恥かしくて男性に背を向け、早足でkanaeの車に戻りました。

いつもの駐車場に移動し、主様の車の中で全裸になり、乳首には鈴、アナルには鎖付きのプラグを入れていただき、主様が準備してくださった洋服に着替えました。
主様が準備してくださる洋服は、kanaeがあまり着た事のない色だったりして新しい発見があります。
重ね着のお洋服で、凄く涼しくて気に入りました。
そこで主様と記念撮影しました。
BlogPaint



訳ありTバッグ、前回の玉つきショーツ、ノーパン…どれにするか、主様がkanaeに選ばせてくださいました。
訳あり…というのが気になりましたが、ミニスカートなので少しでも露出部分を少なくしたかったからTバッグを選びました。
訳あり…とは、Tバッグ+ローターの事でした。

オ〇ンコの中にローターをセットしていただき、出発しました。
どこを走っているのか、外の景色を見る余裕もなく、ローターの振動と主様の愛撫で、もうトロトロ…でした。

車が止まり、主様がkanaeの右足をご自分の太股の上に乗せました。
信号で止まったとばかり思っていたので、そんな恥かしい姿を誰かに見られるんじゃないかと心配でした。

主様は、オ〇ンコが丸見えの恥ずかしい姿のkanaeのクリに、イルカの形をしたローターで責めてくださいました。
このピンクのイルカちゃん…いつもkanaeを凄く気持ちよくしてくれます。
我慢できずにお漏らしをしてしまい、主様がタオルをひいてくださいました。
せっかく履かせていただいたTバッグも、お漏らしで濡れてしまいました。
選ばせていただいたのに、結局ノーパンで温泉に行く事になってしまいました。

それから温泉の駐車場に車を走らせました。
平日ということもあり、車もお客様も少なめな感じで安心しました。
BlogPaint



ロビーには若いフロントの女性と、ロビーを行き来している従業員の女性もいました。
主様の後ろに立っていましたが、椅子にかけて待つように主様に言われ、ロビーのソファーに腰かけました。
なかなか説明が終わらず、ノーパンが見えてるんじゃないか…とかドキドキして主様の方を見ていました。
ようやく受付が済み、主様と腕を組み一緒に歩きましたが、後ろ姿をフロントの女性に見られてる気がして、濡れたミニスカートとノーパンが知られないか心配で、気が気ではありませんでした。

お泊りしたくなるような見晴らしのいい和風のお部屋でした。
いつか主様とお泊りしたいです。
BlogPaintDSC_0294-2



しばらくしてホテルの方が浴衣を届けてくださいました。
主様と一緒に浴衣に着替えましたが、乳首に鈴をつけていたので帯を締めると、ちょうど鈴が帯で押しつぶされて痛くて…主様が手伝ってくださいました。
とりあえずお茶をいれ、少しだけくつろぎました。
BlogPaint



主様が声をかけてくださり、座椅子に腰かけた主様の上に向い合せに抱っこしてもらいkanaeの指定席に収まりました。
BlogPaint



結局kanaeは浴衣を脱ぎ、全裸で主様に愛撫していただいたり、ローターで責めていただいたり、ラブホではないのに恥かしい声を出し時間を忘れてイチャイチャしていました。

突然、部屋のベルがなりました。
12時頃にお昼を届けます…そう言われていたのに、すっかり時間を忘れてイチャイチャしていました。

浴衣を着る時間もなく、kanaeは全裸のまま慌てて浴衣を持ち、窓側の廊下の障子に隠れながら浴衣を着ました。
でも帯を置いてきてしまい、出るタイミングを逃がし部屋には戻れませんでした。

ホテルの従業員の方が、食事を持って部屋に入ってくるのが聞こえ、主様一人を部屋に残してしまいました。
2人だったらもっと片づけられたのに、一人残された主様は、部屋の散らかりを直すのに大変だったし、とても恥かしかったと思います。

人の気配が消えて、ようやくお部屋に戻りました。
お昼は美味しそうな松花堂弁当でした。
BlogPaint


苦手なお刺身や果物を交換したりして、主様と楽しく食事しました。

今日の調教道具は主様が厳選して持ってきてくださいました。
少し休んでから、後ろ手に緊縛していただきました。
kanaeを窓側に立たせ、主様はレースのカーテンを開けました。
外に誰かいるんじゃないかと不安で、ドキドキしながら後ろを確認しましたが、大丈夫のようでした。
主様に抱きかかえられるようにしてテーブルの上に乗せていただき、眺めのいい景色をバックに写真を撮っていただきました。
BlogPaint



やっぱりkanaeは、主様に縛っていただけるのが凄く好きで落ち着きます。
お部屋には吊りのできそうな梁があったので、主様が確認して吊って下さいました。
初めに背中の所を梁に吊っていただきました。
少しだけ爪先立ちになりそうな感じで、いつもの後ろ手だけの緊縛と違い、ドキドキしました。
主様はkanaeの右足の太股にも、太股の関節などを確認しながら縄を巻き緊縛し、片足を持ち上げ梁に固定しました。
吊りは痛くて辛いもの…そう思っていましたが、主様の吊りは全然辛くなく、心地よく感じで嬉しくなりました。
BlogPaintBlogPaint




主様にちょっと触られただけで、気持ち良くてお漏らししてしまいます。
でも梁が細かったので、安全のために吊りはそこまでで終わりました。
あとで主様に聞いたのですが、もう片方の脚も持ち上げてみて大丈夫そうだったら両脚を吊るつもりだったそうです。
全然辛くなかったので、そんな吊りができなかったのが残念でした。
いつかまた吊ってほしいです。

後ろ手緊縛のまま、オ〇ンコの両方に鎖のついたクリップをつけていただきました。
そして、もう一つはクリに…
kanaeが主様好みの厭らしい身体になるための肉体改造のひとつです。
BlogPaint



窓際の椅子に座らせていただき、肘当ての部分に両脚をのせて開脚しました。
口には口枷ではなく、お口にポン(…だったかな?)を入れていただきました。
簡単な作りの物でしたが、凄く拘束感がありました。
そして道具で責めていただきましたが、あまりにも感じすぎて、また記憶が曖昧になってしまいました。
フィストもアナルもオシッコもしていただいたと思います。
主様ごめんなさい…気持ち良すぎて覚えてません。。。
BlogPaint



いつもより長い時間、緊縛されていたので少しだけ苦しくなってきて縄を解いていただきました。
今日はよく頑張った…そう主様に言っていただけたし、今日もたくさんの綺麗な縄の跡がつき、嬉しくなりました。

お部屋のお風呂に一緒に入りました。
ラブホのお風呂とは違い狭い浴槽なので、最初からお姫様抱っこしていただきました。
温泉に入れなかったのは残念ですが、温泉でなくてもkanaeは主様と一緒のお風呂で楽しかったです。
主様と一緒じゃない別々の温泉じゃ楽しくないですから。
今日も主様はkanaeの身体を隅々まで拭いて下さいました。

時間になり着替えてロビーに向かいました。
もちろんkanaeの乳首には鈴、そしてノーパンです。
途中、自販機に飲み物を補充している業者の方がいたりして、恥ずかしくて主様にしがみつくようにして歩きました。
ロビーにはお泊りのお客様が数人いるのが見えました。
さすがにそこに行くのは恥ずかしすぎる…そう思っていたら、入り口の近くにいた従業員の女性が部屋の鍵を受け取ってくださり、すぐにホテルを出る事ができました。

外には年配のご夫婦が車から降りるところでした。
そのご夫婦がホテルに入るのを確認してから、主様と記念撮影しました。
BlogPaint




帰りの車の中で白いお花が綺麗な場所があり、写真を撮っていただきました。
まわりに誰もいない事を確認してから、露出もしました。
人気のない場所での露出は大丈夫になりました。
BlogPaintBlogPaint




主様のおかげで、とても楽しい一日を過ごすことができました。
こんなふうに、大好きな主様と楽しい日々を過ごせるkanaeは幸せです。

七夕の逢瀬

七夕の夜、一人でドライブに出かけました。
これと言って行く宛もなく、主様と電話で話たい…そう思いメールしました。

電話で話しているうちに、主様が来て下さる事になり中間地点で待ち合わせしました。
こんな夜に、それも七夕の夜に主様に会えるなんて思ってもいなかったので、凄く嬉しかったです。

いつもは主様が早目に待ち合わせ場所に来て下さり、kanaeの都合のいい時間まで待っていてくださいます。
でも今日の待ち合わせ場所は、kanaeの家の方が近いこともあり先に待ち合わせ場所に着き主様を待ちました。
主様を待っているのは初めてでドキドキしました。

しばらくして主様が着き、一緒にお風呂でも入ろうか…とホテルに向かいました。
服を脱がせてもらい、愛撫してもらったり、キスしたり、ご奉仕、そして主様に頭を押さえていただきイラマチオ。
急だったにもかかわらず、主様はローターを持ってきてくださり、ご奉仕の時に使って下さいました。
主様の指での愛撫も凄く気持ち良かったです。
そして、いつものkanaeの指定席、主様の膝の上に抱っこしていただきオ〇ンコに入れていただきました。
しばらくの間、主様とイチャイチャして過ごしました。

洗面台に手をつき、主様に後ろから突いていただきました。
主様に鏡ごしのkanaeの恥かしい顔が丸見えで、主様に自分の顔を鏡で見るように言われましたが、恥ずかしくて顔を上げる事ができませんでした。
ようやく顔をあげ一瞬だけ目を開けましたが、感じている自分の顔をみるのは恥ずかしいですね…
主様のニコニコした笑顔だけは、はっきり見えました。

洗面台の上に、主様に抱っこされ乗せていただきM字に開脚していただき突いていただきました。
いつもと違う姿でのエッチは恥かしいし、洗面台の上は狭くてぎこちない感じがしました。
でもSMの動画で見た事のある姿にkanaeがなっていた事が嬉しかったです。

お風呂では、お姫様抱っこで…愛撫。
お湯の中でも感じて濡れていた事を主様に言われ、恥ずかしかったです。
そしてお揃いのネックレスを交換しました。
主様のしていたネックレスは主様の香りがして、主様を身近に感じる事ができて嬉しくなりました。

そしてアナルを指でほぐしていただきました。
だんだん指が増えていき、アナルをリズムよく捩じるように主様の指が動きます。
オ〇ンコにも指が入り、何本入ったのかはわかりませんでしたが、アナルもオ〇ンコも主様の指で一杯でした。

『今のkanaeのダブルフィストの指の本数、オ〇ンコ4本、アナル3本』
そう主様からメールが届きました。
徐々に本数を増やして拡張してくださるそうです。

絶対にアナルでフィストするなんてできない…そう思っていましたが、抵抗なく受け入れようとしているkanaeがいます。
それも主様のご希望はダブルフィストです。
主様に調教していただければ、それもできる気がしてきます。

浴室にあったマットに横になり、主様はkanaeの髪が濡れないように、バスタオルを枕代わりに敷いてくださいました。
身体にローションをつけて愛撫してくれたり、シャワーをオ〇ンコに当ててくれたり…
凄い強い刺激で、恥ずかしい声が響いていた気がします。

一時間半ほどホテルで過ごしました。

夜中だった事、kanaeがあまり行かない場所での待ち合わせだったこともあり、心配してくださった主様が、kanaeの家の近くまで車で後を着いてきてくださりました。
とても嬉しかったです。
こんな優しい主様の奴隷になれてkanaeは幸せです。


少しづつ…

最近は主様と毎日のように電話で話しています。
主様の日常の事や主様の気持ち、主様の声が直接聞けるのは、主様を身近に感じる事ができて嬉しいです。

今まで主様は口にはしませんでしたが、主様を不安な気持ちにさせてしまい、鈍感なkanaeはそんな事も気づかずにいました。
その事に気づけたのも電話で毎日話しているお陰です。

今日は、主様にオナの許可をいただき、電話しながらオナさせていただきました。
主様の声を聴きながらするオナは、一人でする時とは違い凄く気持ちがいいです。
『電話だからイク時はちゃんと言いなさい』そう主様に言われ、イク瞬間を主様に聴いていただけました。
主様のフィストが恋しくなりましたが、もう少しの辛抱です。

主様と一緒の時は、kanaeは主様に甘えっぱなしです。
調教中も、調教が終わった後もそう…主様に甘えっぱなし。
責めていただいた後は、腕枕をしていただいたり、お風呂で抱っこしていただいたまま、ゆっくり過ごしたり。
主様の腕に抱かれていると心地よくて、時間を忘れ安心して身体を預けてしまいます。

主様に会うまでは、奴隷は痛くても苦しくても、主が望むことは受け入れて耐えないといけない…ずっとそう思っていました。
調教されたい気持ちはあるけど、痛いのが苦手なkanaeは、それがちょっと苦痛でもありました。

でも主様は違っていて、『二人で楽しめるような調教をしたい…』と言って下さいました。
『kanaeはそんな調教は物足りないかもしれないな…』そう言われた時もありますが、kanaeには、そんな主様の調教の方が合うみたいです。

辛い痛みを感じた時は痛い事を主様に伝えると、加減してくださいます。
スパンキングは痛かったけど、主様の手も痛いんだと思うと主様の愛情を感じる事ができ、嬉しかったです。
そんな主様の調教は毎回楽しくて、主様に見守られながら少しずつ『できる事』が増えるのが嬉しくてしかたありません。

イラマチオもフィストも、抵抗のあったアナルもできるようになりました。
先日は尿道責めもしていただき、少しづつ主様好みに開発されて淫乱な身体になっていくのが嬉しいです。
『いつかはダブルフィストしたい…』と仰っていた主様の言葉も、実現する日が来そうです。

主様に会う露出デートの日が近づいてきています。
主様はkanaeの為に露出デート用の洋服と、新しい調教道具を準備してくださったそうです。
きっと恥かしい透け透けのブラウスだと思いますが、主様に選んでいただいた洋服を着て、主様に選んでいただいた道具で調教していただけるkanaeは幸せです。


メッセージ

名前
メール
本文
アクセス
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ