パイパン奴隷…kanaeの日記

経験豊富なご主人様に 調教していただいています♡

車内緊縛

今日は主様の車の中で、緊縛していただきました。
車の中で緊縛していただくのは初めてで、狭いながらも主様は後ろ手に綺麗に緊縛してくださいました。
BlogPaint



しばらく、主様にイルカちゃんで責めていただき、ちょっとだけお漏らししてしまいました。
緊縛したままでホテルに移動する事になり、シャツを着せていただきました。
膝にはジーンズを乗せていただき全裸と緊縛を隠しながら出発しました。
対向車から見えないか…恥かしくて心配でしたが、動く事もできずに主様に愛撫され感じながらホテルに向かいました。

ホテルに着くと、主様は全ての荷物を運んでくださいました。
『kanae、車から降りたら移動は早くするように…』
そう言いながら抱き起してくださり、緊縛姿のまま車を降り、周りを気にしながらホテルの入り口に向かいました。
そして通路で写真を撮っていただきましたが、急にドアが開き誰かに見られるんじゃないかってキョロキョロしてしまいました。
212号室
BlogPaintBlogPaint



今日のお部屋も素敵なお部屋でした。
緊縛されたまま、オ〇ンコの中に少し大きなローターを入れていただき、股縄で押さえていただきました。
kanaeは嫌な思い出があり股縄は苦手でしたが、主様のおかげで股縄も克服する事ができました。
BlogPaint



後ろ手のまま、主様にご奉仕しました。
いまさらですが、緊縛されたままのご奉仕はなかったように思います。
いつ主様の手がkanaeの頭を押さえてくださるのか…ドキドキしながらご奉仕しました。
主様の手がkanaeの頭に触れ、それを合図に思い切り喉の奥に咥えました。
最近は喉の奥の方まで入るのが深くなった気がします。
主様のオ〇ンポでkanaeの喉の奥が開く感覚、苦しいけど好きです。
主様にも、『kanaeはイマラチオができるようになったね』と仰っていただけました。
kanaeはまだまだ未熟な奴隷ですが、主様に褒めてもらえるのは嬉しいです。

ベッドに四つん這いになりバラ鞭で責めていただきました。
よく覚えていないのですが…たまにオ〇ンコに直接バラ鞭が当たり声をあげたり、もっと叩いてもらいたくて脚を開いていたようにも思います。
BlogPaint




主様はよく『kanaeを楽しみます』と仰います。
そう主様に言われる度に、どんな調教をしていただけるのか…kanaeは期待でオ〇ンコを濡らしてしまいます。

DSC_0327



デザートに、最近kanaeのハマっている『葛まんじゅう』を持っていき、主様と一緒に食べました。
あまり甘くなく、主様にも気に入っていただけたようです。

kanaeの指定席に座らせていただきました。
やっぱり気持ちよくて自然に動いてしまいます。
主様の頭に抱きついたり、首筋や耳を舐めさせていただきました。
長い時間、主様の膝の上で、いちゃいちゃして過ごしました。
BlogPaint



主様のオ〇ンポには、今日もkanaeの白いお汁が付いてしまいました。
でも前回ほど多くなかった事もあり、一瞬戸惑いましたが舐めました。
その後すぐに主様はkanaeにキスしてくださりました。
kanaeはそんな主様が大好きです。

今日も『kanaeスペシャル』に両腕を緊縛していただき、新しく主様がkanaeの為に考えてくださったM字開脚に固定してくださいました。
kanaeはワガママを言い、前回より肩が楽なように緊縛していただきました。
それでもしっかり緊縛されているので、少しも身動きできません。
綺麗に緊縛していただきました。
そして丸見えになるようにクリップで開いて固定していただき、主様にkanaeのオ〇ンコを見ていただきました。
BlogPaintBlogPaint




ここからまた記憶が曖昧です。。。
凄い刺激で主様は責めてくださりました。
刺激を和らげたいのに身動きはできず、必死で悶えているうちに頭の上から腕が外れました。
肘は固定されたままなので、何とか届く胸元で両手に力を入れて耐えるしかありませんでした。
主様に強い刺激で快楽責めをしていただけることが嬉しいです。

kanaeはなかなかイキにくくて、ほとんどオナでしかイケません。
でもこの時は不思議とイキそうな感覚に近づいてきました。
主様の指がオマ〇ンコに入っていたのだけは覚えています。
間もなくして全身に力が入り、縄を身体にくい込ませながら…イキました。
初めて緊縛されてイキました。
こんな感じで主様に淫乱な身体に改造していただけkanaeは幸せな奴隷です。
BlogPaint



今日も綺麗な縄跡がつきました。

お昼を注文しましたが、時間がかかるとの事で、お風呂に入りました。
主様と泡風呂を楽しみたくて準備したのに、kanaeの車の中に忘れてきてしまいました。
別の物で代用し、少し少なめな泡で、バブルバスを楽しみました。
次回からは毎回、主様とお風呂を楽しむ予定です。

DSC_0328



今日のお昼は、ホテルの期間限定メニュー『エスニックグルメ』から、メキシカンピラフとナシゴレン(インドのチャーハンらしいです…)、それに冷たいうどん、ツナサラダを注文しました。
エスニックグルメはピリ辛でとても美味しかったです。

食後、ソファーで横になり、主様にアナルとクリを責めていただきました。
いつの間にかオナになっていましたが…しばらくの間、主様にオナを見学していただきました。
BlogPaint




前回、帰るころまで縄跡が残っていた事を主様は気にして下さり、拘束具を使って下さいました。
四つん這いになるように指示があり、両足首を固定されました。
その間に両手首を固定され、身動きができなくなりました。
アナルにローションが塗られ、指で解してくださった後、プラグのような物が入ってきました。
シッポ付きのアナルプラグでした。
BlogPaint



その後…記憶がありません。。。
拘束具を外された後、動く気力もなくベッドにうつ伏せのまま…だったようです。
後で主様から『マグロ状態のkanae』の写真を送っていただきました。

ようやく起きて、主様との記念写真を撮りました。
BlogPaint



その後、覚えていませんが、またオナを見ていただいたようです。

次回の調教までは、少し日にちが空いてしまいますが、今日も大好きな主様と楽しい一日を過ごす事ができました。

公園露出デート

今日は主様と露出デートの日です。
待ち合わせ場所に向う途中で、先日主様にプレゼントしていただいたイヤリングを忘れた事に気づきました。
その時、ちょうど主様から電話があり、イヤリングを忘れたことを話し謝りました。
次回は忘れずに持っていきますね。

楽しみで早く出かけたのに、駐車場が開いていませんでした。
それで急遽、近くのファミレスの駐車場で待ち合わせし主様の車の中で、主様が選んでくれた洋服に着替えました。
もちろん、ノーブラ、ノーパンです。
BlogPaint



車でドライブして、主様に愛撫されながら公園に向かいました。
お漏らししても大丈夫なように…と、主様がシートを敷いて下さいましたが、気持ち良すぎて着いたころにはびしょ濡れでした。
BlogPaint




公園は花の見ごろも終わり平日という事もあり、主様とkanaeの2人きりの貸切状態でした。
主様と仲良く手を繋ぎ、公園内を散歩しました。
途中、東屋をみつけ、そこでしばらく休憩したり、所々で露出したりしました。
BlogPaintBlogPaintBlogPaint




公園の散策コースが15分、30分、60分と3コースあり、15分コースにしましたが、前日の雨で道がぬかるんでいたり、暑いこともあり断念してしまいました。
お花が見ごろの時期にまた来たいね…そう話しながら車に戻りました。

お昼が近くなってきたので、ファミレスに入りました。
店内はまだお客さんは少なく、ステーキを注文し、店内を主様と手を繋ぎサラダバーに向かいました。
スープやドリンクなどを選び席に戻りました。
主様と向かい合って食べるのはちょっと照れくさかったけど、人目を気にせずに食べさせあったりして、イチャつきながら、ゆっくりと楽しい時間を過ごしました。
主様と2人で食べる食事は、格別に美味しいです。
食後のコーヒーを飲む頃には満席でした。
カメラを持っていかなかったのが残念でした。

それから主様と洋服を見に行きました。
お店の中で手を繋いで歩いたり、人目をさけてキスしたりしました。
今日着たスカートが露出に便利なので気に入っていただけ、似たようなスカートを探し試着しました。
その他に主様は、kanaeの普段用にサンダルとブラウスを選んで下さいました。
主様の靴下と、スカート、ボレロ、増えてきたkanaeの洋服を入れておくキャリーバッグも買って下さいました。
BlogPaint




買い物が終わり、ホテルに向かいました。
いつものようにkanaeの指定席に座らせていただきました。
その後いつものように主様のオ〇ンポを舐めようとしたら、先の方が白く見えました。
???と思いながらも咥えましたが、それはkanaeの濃いお汁でした。
あまりの量に主様に許可をいただき、口をすすがせていただきました。
こんなに感じて濡れていたなんて、ちょっと驚きでした。

後ろ手で緊縛してM字に拘束されると腕に負担がかかるため、心配してくださった主様がkanaeの為に考えてくださった緊縛をしていただく事になっていました。
主様は『kanaeスペシャル』と名付けて下さりました。
両腕が持ち上がって脇の下が丸見えなので、主様にくすぐられるのが苦手ですが、とても気に入りました。
主様、ありがとうございます。
BlogPaintBlogPaint



『kanaeスペシャル』のまま、クロスに緊縛していただきました。
腕がラクになったこともあり、余裕の笑顔で写真を撮っていただけました。
あまり時間がない事もあり、フィストはお預けでした。
でも感じてしまい、記憶が曖昧です。。。
電マで責めていただき、大量にお漏らししちゃいました。
BlogPaint




その後、M字に緊縛され四つん這いになりました。
この時も主様は、色々と試行錯誤して緊縛してくださったので、腕も凄くラクでした。
オ〇ンコに電マが入り、主様が電マを押さえているとばかり思っていましたが、押さえなくても電マがkanaeの中に、しっかりとくい込んでいて、そのままの姿で平鞭で叩いていただきました。
気持ちいいのと心地いい痛みで。。。覚えていません。

少しだけ主様の腕枕で休ませていただきました。
今日も綺麗に緊縛していただいたので、綺麗な縄跡が残りました。
一緒にお風呂に入り、縄の跡を揉んで下さいました。
BlogPaint23 071




今日買っていただいたキャリーバッグに、洋服を入れ替えて着替えました。
縄跡がなかなか消えずに、ずっと主様は気にしてくださり運転しながらも揉んでいてくださりました。
お陰で、家に着く頃には薄くなっていましたが、ちょっとさみしい様な気もしました。

今日はたくさん主様と過ごせて楽しい一日でした。
たまには、こんなデートも嬉しいです。

三か月の記念日

今日は、一日ゆっくり調教していただける日です。
いつものように主様は待っていて下さり、首輪をつけていただき、車の中で全裸になりプチ露出して責めていただきました。
BlogPaint




今日のお部屋は、ソファーのほかにカウンターテーブルまで付いている広いお部屋でした。
215号室
DSC_0323DSC_0324



いつものようにkanaeの指定席、主様の膝の上に座ると、
『今日は何の日かな?』と主様に質問されました。
主様と初めて会った日から3ヶ月の記念日でした。
kanaeは間違って『4ヶ月…』と答えてしまいました。
主様、ごめんなさい。。。
でも、主様と出逢ってから4ヶ月過ぎたと錯覚するくらい、主様と一緒に過ごしています。

主様が水色の小さな紙袋をkanaeに渡して下さいました。
嬉しくてドキドキしながら開けると、中にはプラチナのイヤリングが入っていました。
とても嬉しくてイヤリングをつけていると、誕生石のストラップもプレゼントしていただきました。
DSC_0344-123 094



主様、ありがとうございます。
大切にしますね。

今日も後ろ手に緊縛していただき、乳首には飾りの鈴、オ〇ンコとクリには鎖付きのクリップもつけていただきました。
目隠しもされたので、どんな責めをしていただけるのかドキドキでした。
BlogPaint



脚を開きテーブルに跨るように指示がありました。
そして静かに腰を降ろすと、オ〇ンコに何か入り、ブルブルと動いていました。
あまり奥まで入ると痛くて…主様は別の物に交換してくださいました。
そのまましばらくの間、主様にkanaeのオナする姿を楽しんでいただきました。

目隠しされたまま、主様にベッドに乗せていただき、仰向けになりました。
脚をクロスして緊縛していただきました。
『kanae、糸ひいてるぞ…』
そう主様に言われ、そんなになっている事が信じられませんでした。
BlogPaint



アナルにローションが塗られ主様の指でほぐされた後、プラグのような物が入りました。
ここからまた記憶が曖昧です。。。
責めていただき感じすぎて何度もアナルに入ったプラグが飛び出し、主様に入れなおしてもらったのは覚えています。

長時間緊縛した腕を気にして、主様が縄を解いてくださいました。
ちょっと腕が窮屈だったけど、責めを止めてほしくなくて…少しだけ我慢していました。
今日も縄跡がしっかり綺麗について嬉しくなりました。
BlogPaint



デザートと飲み物で休憩しました。
kanaeの乳首には鈴がついていたので、生クリームは全部、主様にデコレーションしてkanaeが美味しくいただきました。
DSC_0327-1BlogPaint




M字緊縛していただき、お尻の下にクッションをひいていただき、恥ずかしい姿になりました。
目隠しされなかったので、緊縛された脚の間から主様と目が合うのが恥ずかしくて目を瞑ってしまいます。
でもkanaeは、主様に緊縛されて動けない恥ずかしい姿を見てもらえる事が嬉しいです。

『クスコで視姦だよ』と主様が仰い、ゆっくりと一つ目のクスコがアナルに入ってきて開かれるのを感じました。
アナルの中を見られるのは初めてで、恥ずかしくて仕方ありませんでした。
BlogPaint



二つ目の金属製のクスコがオ〇ンコに入ってきました。
冷たい感覚がして、先に入ったクスコでアナルが目一杯開かれているので、主様はゆっくりと入れてくださりましたが、クスコが開くとパンパン…でした。
中を視姦していただき、恥かしい言葉で責めていただきました。
恥かしい部分だからこそ、大好きな主様に見ていただけるのは嬉しいです。

尿道責めもしていただきました。
チクッ…とした感覚があり、尿道の中にカテーテルが入っていくのがわかりました。
今回はこぼさないようにと主様が注意してくださりました。
すぐにコップがいっぱいになり、もう一つコップを準備してくださいました。
BlogPaint



オ〇ンコに何か細かい振動を感じました。
凄く心地よくて、アレ??これって尿道…(かな?)
変な感じでしたが、次第に気持ち良くなって感じてしまい、カテーテルが抜けてしまい、何度か主様がいれ直しして責めてくださいました。
段々、主様好みの変態な奴隷になっていくのが嬉しいです。

オ〇ンコの入り口に大きなディルドが当てられ、中に押し込まれました。
スッ…ポン…という感じで、kanaeのオマ〇ンコの中が太いディルドでいっぱいになります。
そこに、クリにイルカちゃんが当てられると…記憶が曖昧になります。
BlogPaint



ただ尿道責めしていただいた後なので、お漏らしはしない…そう思っていたのに、大量にお漏らししてしまったのはわかりました。

主様の手を入れてグリグリして欲しくなり、おねだりしました。
『いい物がある…』と、久しぶりに拡張バルーンを入れていただきました。
でも感じてしまうとバルーンが飛び出してしまい、主様の手でグリグリしていただく事が叶いました。
主様の緊縛は痛くも苦しくないのに、きっちり固定されて、全然身動きができません。
綺麗に緊縛してもらえるのが嬉しいです。

縄を解いてもらい、ぐったりしていると主様が電マの準備をしているのが見えました。
そして新しくオナ用に準備してくれたアタッチメントで責めてくださいました。
アナルに主様のオ〇ンポを入れてもらいながら、責めてもらったような気がします。
よく覚えていません。。。
BlogPaint



そして電マを手渡され、主様の前でオナさせていただきました。

今日のお昼は、主様がうな重を準備していてくださいました。
それにサラダ、スープ、わかめ蕎麦で豪華なお昼をいただきました。
主様と食べる食事はとても美味しくて毎回楽しみです。
DSC_0330-1




浣腸していただきましたが、注射器2本で我慢できなくなってしまいました。
すぐに主様に抱っこして排泄を見ていただきましたが、すっきりしなくて、また入れていただきました。
kanaeは、まだまだ我慢が足りませんね…

初めてパルス(…っていうのかな?)ビリビリと刺激がくる道具で乳首を責めていただきました。
6段階まであるみたいですが、乳首が敏感になっていたのか、1段階だけで痛くて我慢できずに叫んでしまいました。
すぐに止めてくださいましたが、急な痛みに涙目になってしまいました。
それを見た主様は、その調教は諦めパルスを捨てようとした事を後で聞き、その道具を捨てないで欲しいとお願いしました。
せっかく主様がkanaeのために選んでくださった道具ですから、いつかは受け入れられるようになりたいです。

後ろからのフィスト

今日は祝日でしたが、主様もkanaeもお仕事でした。
kanaeの朝一番の仕事が終わり主様と連絡をとると、主様がまたkanaeに会いに来てくださる事になりました。

kanaeはもう一つ仕事を済ませれば夕方まで時間が開くので、前回よりちょっとだけ長く主様と一緒に過ごせます。
今日は主様がお弁当を準備して下さいました。
『何が食べたい?』と主様に聞かれ、お腹がペコペコで、お肉系をお願いしました。

ホテルに向かい空いているお部屋に入りました。
入ってみると以前入った事のある、主様のお気に入りのお部屋でした。
BlogPaint





ソファーに腰かけている主様に、いつものようにご奉仕をして、イラマチオをさせていただきました。
しばらくして主様が『おいで…』と声をかけてくださり、kanaeの指定席に収まりました。
kanaeの指定席、主様の膝の上はとても気持ちが良くて、恥かしいくらい動いてしまいます。
今日も主様は動画を撮っていたようです。
それもkanaeの恥ずかしい顔をたくさん…。
『kanae、お漏らししたな…』そう言いながら、主様はタオルで拭いてくださりました。

今日は前回の逢瀬よりも少し時間があるので、サービスのデザートとドリンクを注文しました。
BlogPaintBlogPaintBlogPaint




主様の準備してくれたお弁当を、仲良くおかずを交換しながら、美味しくいただきました。
デザートのマンゴープリンと水羊羹は、kanaeが主様に食べさせてあげました。
今日はkanaeが自分で乳首に生クリームをたっぷりつけ、主様に舐めていただきました。
乳首を舐めていただき、少し強めに吸われると、ちょっとだけ痛いけど気持ちいいです。
kanaeの乳首を舐めてくれる主様の姿を見るのが、とても好きです。

お返しに主様にも生クリームをつけkanaeがぺロぺロと舐めました。
主様は『そうきたか…』とおっしゃっていました。
とても美味しく食させていただきました。

前回、急に会う事になりお手入れをせずに主様に会った時から、お手入れする事を止められていました。
少しだけ伸びた部分を主様に剃っていただくためにお風呂に向かいました。
床にマットを敷いてくださり、バスタオルで枕代わりにしてくれました。

主様に剃ってもらうのは少しくすぐったくて、それも何故か左側が凄くくすぐったい…
アナル周りも剃っていただきました。

フィストのおねだりをしました。
『仰向けと四つん這い、どっちがいい?』と主様に聞かれ、髪の毛を濡らしたくなかったので四つん這いを選びました。
たくさんローションをつけた主様の手がkanaeの中に入ってきました。
もう簡単に入るようになり、主様は右手、左手…と交互に入れてきます。
この辺りから、また記憶が曖昧になってきました。
凄く感じてしまい、何故かまた左脚だけムズムズして腰が退けてしまった気がします。
主様はそんなkanaeの姿を見て楽しんでいるようでした。
『後ろからフィストするのもいいな…』そう主様は楽しそうに仰いました。

アナルに主様の指が入り、親指が入った感覚の後、主様のオ〇ンポを入れていただきました。
親指だけじゃ主様のオ〇ンポは無理…そう思ったのに、すんなり受け入れていました。
何度も出し入れをしているうちに、kanaeのアナルはポッカリと開いてしまったようです。
それを主様に言われて、恥ずかしくなりました。
アナルに主様のオ〇ンポを入れたまま、今日も湯船につかり、主様と向い合せになるように回転しました。
こんな事ができるようになったのは、主様の調教のお陰です。
少しずつですが、身体を開発されていくのが嬉しいです。

オ〇ンコとアナル、それぞれに主様の指が何本か入り、kanaeの二つの穴の中はキツキツでした。
その状態で主様はアナルに入れた指を動かしてくださいました。
また左脚がムズムズしてきて、アナルもオ〇ンコも気持ちいいんだけど、ゾクゾクして変な感覚に襲われました。
もうダメ…そう思い主様にその事を伝え、手を動かすのを辞めていただきました。

クタクタで、抱っこしていただき湯船につかりました。
時間ギリギリまで主様と楽しい逢瀬を過ごせました。



kanaeの元に…

主様の仕事が急に休みになりました。
『これから着替えて、kanaeの元に向かいます…』と朝、主様からメールが届き、kanaeの仕事の合間に会う事になりました。
主様の行動力には毎回驚かされます。
前回の調教からまだ4日しか経っていませんが、主様に会えるのは嬉しいです。

主様はkanaeの時間に合わせて待っていてくださりました。
お昼のお弁当を買って、主様の待つ場所に向い一緒に車の中で食べました。
お茶は2本準備しましたが、主様が飲ませてくださり1本を仲良くいただきました。
他愛のない事でも主様と一緒だと幸せに感じてしまいます。

待ち合わせ場所は車が少なく、後部座席で責めていただきました。
いつもなら前日の夜にお手入れしてくるのに、急な逢瀬だったのでそんな時間などなくて…主様に見られるのがとても恥ずかしかったです。
座席に横にさせていただき、主様はkanaeの頭が痛くないように…と枕代わりに、ぬいぐるみを当ててくださりました。
主様のちょっとした気配りに愛情を感じます。
やっぱり主様に触れてもらうのが一番気持ちいい…でも愛撫だけでは我慢できなくなり、狭い車の中で主様におねだりして入れていただきました。
車の中で入れていただくのは初めてで、誰かに見られるんじゃないか…とか考えてしまい、余計にドキドキしました。

kanaeは時間を忘れていましたが、ちゃんと主様が時間を気にしてくださり遅刻せず間に合いそうです。
ほんの少しの時間でしたが、主様に触れていただけて嬉しかったです。
主様に見送られながら、kanaeは仕事に向かいました。
仕事が終われば、大好きな主様が待っていてくれる…幸せです。

kanaeの仕事が終わるまで、主様は待っていてくださいました。
今度は、すぐにホテルに向かいました。
土曜日という事もありホテルは満室で、準備中のお部屋が3室残っているだけ。
あまり時間がないので、主様は外にいた従業員の方に一番早く準備できるお部屋を聞いてきてくださいました。
10分くらい…との事でしたが、車を止めイチャイチャしようとしていたら準備が終わり、早めにお部屋に入ることができました。
いつも空いていない初めてのお部屋でした。
208号室
BlogPaint




時間もないので、サービスのデザートも飲み物も注文せずに、いつものようにkanaeの指定席に収まり、イチャイチャして楽しい時間を過ごしました。
また、いつものように…あまり覚えていないのですが、たくさん主様に可愛がっていただき、kanaeはぐったりしてしまいました。
kanaeを開脚させ、お手入れをしていない恥かしいオ〇ンコを、主様は楽しそうに写真に撮りました。

BlogPaint



主様は浴室に連れて行ってくださいました。
記憶が曖昧です。。。
たぶん…アナルを指でほぐしていただきました。
親指かな??って太さの指を出し入れしていただき、主様のオ〇ンポがアナルの入り口に当たりました。
朦朧とする頭の中で、オ〇ンポはまだ無理…痛くなる…そう思いましたが、主様は後ろからゆっくりと入れてくださいました。
ちょっと身構えてしまいましたが痛みは全然なく、そのまま湯船につかりました。
主様に背をむけたままになってしまったので、向かい合いたくて主様と繋がったまま、ゆっくりと向きを変えてみました。
アナルで繋がったまま180度回転できた事には驚きました。

あまり時間がありませんでしたが、主様の抱っこが気持ち良くて、のんびりしすぎてしまいました。
ぐったりしていたので髪も濡れてしまいました。
主様はkanaeの身体をバスタオルで拭いてくれ、ドライヤーで髪を乾かしてくださいました。
何から何まで主様にお世話していただき、kanaeは主様に甘えっぱなしです。
でも、もともと甘えん坊なkanaeは、主様に甘えられるのがとても幸せです。

kanaeはその後も仕事があり、一時間ちょっとしかホテルに居れませんでしたが、予定していなかった日に主様に会う事ができ、可愛がってもらえ嬉しかったです。

温泉での調教

お泊りできないkanaeのために、主様がサプライズで日帰り温泉を予約してくださいました。
今日はそのホテルに連れて行っていただき、調教していただきました。

楽しみで早めに出かけたのに、待ち合わせ場所の駐車場が開くのがいつもよりも遅れていて、主様の車の中でキスしたり愛撫したり、ちょっとだけ着替えをしたり…イチャイチャして時間を潰していました。
そんな時、外を歩いていた年配の男性と目が合った気がして恥かしかったです。
その事を主様に話すと、向こうの方を見ていたから大丈夫…そう言われ、ちょっとだけホッとしました。

しばらくして、車を移動するために主様の車から降りると、先ほど目の合った男性がこちらに歩いてきて、また目が合いました。
やっぱり見られてた???
恥かしくて男性に背を向け、早足でkanaeの車に戻りました。

いつもの駐車場に移動し、主様の車の中で全裸になり、乳首には鈴、アナルには鎖付きのプラグを入れていただき、主様が準備してくださった洋服に着替えました。
主様が準備してくださる洋服は、kanaeがあまり着た事のない色だったりして新しい発見があります。
重ね着のお洋服で、凄く涼しくて気に入りました。
そこで主様と記念撮影しました。
BlogPaint



訳ありTバッグ、前回の玉つきショーツ、ノーパン…どれにするか、主様がkanaeに選ばせてくださいました。
訳あり…というのが気になりましたが、ミニスカートなので少しでも露出部分を少なくしたかったからTバッグを選びました。
訳あり…とは、Tバッグ+ローターの事でした。

オ〇ンコの中にローターをセットしていただき、出発しました。
どこを走っているのか、外の景色を見る余裕もなく、ローターの振動と主様の愛撫で、もうトロトロ…でした。

車が止まり、主様がkanaeの右足をご自分の太股の上に乗せました。
信号で止まったとばかり思っていたので、そんな恥かしい姿を誰かに見られるんじゃないかと心配でした。

主様は、オ〇ンコが丸見えの恥ずかしい姿のkanaeのクリに、イルカの形をしたローターで責めてくださいました。
このピンクのイルカちゃん…いつもkanaeを凄く気持ちよくしてくれます。
我慢できずにお漏らしをしてしまい、主様がタオルをひいてくださいました。
せっかく履かせていただいたTバッグも、お漏らしで濡れてしまいました。
選ばせていただいたのに、結局ノーパンで温泉に行く事になってしまいました。

それから温泉の駐車場に車を走らせました。
平日ということもあり、車もお客様も少なめな感じで安心しました。
BlogPaint



ロビーには若いフロントの女性と、ロビーを行き来している従業員の女性もいました。
主様の後ろに立っていましたが、椅子にかけて待つように主様に言われ、ロビーのソファーに腰かけました。
なかなか説明が終わらず、ノーパンが見えてるんじゃないか…とかドキドキして主様の方を見ていました。
ようやく受付が済み、主様と腕を組み一緒に歩きましたが、後ろ姿をフロントの女性に見られてる気がして、濡れたミニスカートとノーパンが知られないか心配で、気が気ではありませんでした。

お泊りしたくなるような見晴らしのいい和風のお部屋でした。
いつか主様とお泊りしたいです。
BlogPaintDSC_0294-2



しばらくしてホテルの方が浴衣を届けてくださいました。
主様と一緒に浴衣に着替えましたが、乳首に鈴をつけていたので帯を締めると、ちょうど鈴が帯で押しつぶされて痛くて…主様が手伝ってくださいました。
とりあえずお茶をいれ、少しだけくつろぎました。
BlogPaint



主様が声をかけてくださり、座椅子に腰かけた主様の上に向い合せに抱っこしてもらいkanaeの指定席に収まりました。
BlogPaint



結局kanaeは浴衣を脱ぎ、全裸で主様に愛撫していただいたり、ローターで責めていただいたり、ラブホではないのに恥かしい声を出し時間を忘れてイチャイチャしていました。

突然、部屋のベルがなりました。
12時頃にお昼を届けます…そう言われていたのに、すっかり時間を忘れてイチャイチャしていました。

浴衣を着る時間もなく、kanaeは全裸のまま慌てて浴衣を持ち、窓側の廊下の障子に隠れながら浴衣を着ました。
でも帯を置いてきてしまい、出るタイミングを逃がし部屋には戻れませんでした。

ホテルの従業員の方が、食事を持って部屋に入ってくるのが聞こえ、主様一人を部屋に残してしまいました。
2人だったらもっと片づけられたのに、一人残された主様は、部屋の散らかりを直すのに大変だったし、とても恥かしかったと思います。

人の気配が消えて、ようやくお部屋に戻りました。
お昼は美味しそうな松花堂弁当でした。
BlogPaint


苦手なお刺身や果物を交換したりして、主様と楽しく食事しました。

今日の調教道具は主様が厳選して持ってきてくださいました。
少し休んでから、後ろ手に緊縛していただきました。
kanaeを窓側に立たせ、主様はレースのカーテンを開けました。
外に誰かいるんじゃないかと不安で、ドキドキしながら後ろを確認しましたが、大丈夫のようでした。
主様に抱きかかえられるようにしてテーブルの上に乗せていただき、眺めのいい景色をバックに写真を撮っていただきました。
BlogPaint



やっぱりkanaeは、主様に縛っていただけるのが凄く好きで落ち着きます。
お部屋には吊りのできそうな梁があったので、主様が確認して吊って下さいました。
初めに背中の所を梁に吊っていただきました。
少しだけ爪先立ちになりそうな感じで、いつもの後ろ手だけの緊縛と違い、ドキドキしました。
主様はkanaeの右足の太股にも、太股の関節などを確認しながら縄を巻き緊縛し、片足を持ち上げ梁に固定しました。
吊りは痛くて辛いもの…そう思っていましたが、主様の吊りは全然辛くなく、心地よく感じで嬉しくなりました。
BlogPaintBlogPaint




主様にちょっと触られただけで、気持ち良くてお漏らししてしまいます。
でも梁が細かったので、安全のために吊りはそこまでで終わりました。
あとで主様に聞いたのですが、もう片方の脚も持ち上げてみて大丈夫そうだったら両脚を吊るつもりだったそうです。
全然辛くなかったので、そんな吊りができなかったのが残念でした。
いつかまた吊ってほしいです。

後ろ手緊縛のまま、オ〇ンコの両方に鎖のついたクリップをつけていただきました。
そして、もう一つはクリに…
kanaeが主様好みの厭らしい身体になるための肉体改造のひとつです。
BlogPaint



窓際の椅子に座らせていただき、肘当ての部分に両脚をのせて開脚しました。
口には口枷ではなく、お口にポン(…だったかな?)を入れていただきました。
簡単な作りの物でしたが、凄く拘束感がありました。
そして道具で責めていただきましたが、あまりにも感じすぎて、また記憶が曖昧になってしまいました。
フィストもアナルもオシッコもしていただいたと思います。
主様ごめんなさい…気持ち良すぎて覚えてません。。。
BlogPaint



いつもより長い時間、緊縛されていたので少しだけ苦しくなってきて縄を解いていただきました。
今日はよく頑張った…そう主様に言っていただけたし、今日もたくさんの綺麗な縄の跡がつき、嬉しくなりました。

お部屋のお風呂に一緒に入りました。
ラブホのお風呂とは違い狭い浴槽なので、最初からお姫様抱っこしていただきました。
温泉に入れなかったのは残念ですが、温泉でなくてもkanaeは主様と一緒のお風呂で楽しかったです。
主様と一緒じゃない別々の温泉じゃ楽しくないですから。
今日も主様はkanaeの身体を隅々まで拭いて下さいました。

時間になり着替えてロビーに向かいました。
もちろんkanaeの乳首には鈴、そしてノーパンです。
途中、自販機に飲み物を補充している業者の方がいたりして、恥ずかしくて主様にしがみつくようにして歩きました。
ロビーにはお泊りのお客様が数人いるのが見えました。
さすがにそこに行くのは恥ずかしすぎる…そう思っていたら、入り口の近くにいた従業員の女性が部屋の鍵を受け取ってくださり、すぐにホテルを出る事ができました。

外には年配のご夫婦が車から降りるところでした。
そのご夫婦がホテルに入るのを確認してから、主様と記念撮影しました。
BlogPaint




帰りの車の中で白いお花が綺麗な場所があり、写真を撮っていただきました。
まわりに誰もいない事を確認してから、露出もしました。
人気のない場所での露出は大丈夫になりました。
BlogPaintBlogPaint




主様のおかげで、とても楽しい一日を過ごすことができました。
こんなふうに、大好きな主様と楽しい日々を過ごせるkanaeは幸せです。

七夕の逢瀬

七夕の夜、一人でドライブに出かけました。
これと言って行く宛もなく、主様と電話で話たい…そう思いメールしました。

電話で話しているうちに、主様が来て下さる事になり中間地点で待ち合わせしました。
こんな夜に、それも七夕の夜に主様に会えるなんて思ってもいなかったので、凄く嬉しかったです。

いつもは主様が早目に待ち合わせ場所に来て下さり、kanaeの都合のいい時間まで待っていてくださいます。
でも今日の待ち合わせ場所は、kanaeの家の方が近いこともあり先に待ち合わせ場所に着き主様を待ちました。
主様を待っているのは初めてでドキドキしました。

しばらくして主様が着き、一緒にお風呂でも入ろうか…とホテルに向かいました。
服を脱がせてもらい、愛撫してもらったり、キスしたり、ご奉仕、そして主様に頭を押さえていただきイラマチオ。
急だったにもかかわらず、主様はローターを持ってきてくださり、ご奉仕の時に使って下さいました。
主様の指での愛撫も凄く気持ち良かったです。
そして、いつものkanaeの指定席、主様の膝の上に抱っこしていただきオ〇ンコに入れていただきました。
しばらくの間、主様とイチャイチャして過ごしました。

洗面台に手をつき、主様に後ろから突いていただきました。
主様に鏡ごしのkanaeの恥かしい顔が丸見えで、主様に自分の顔を鏡で見るように言われましたが、恥ずかしくて顔を上げる事ができませんでした。
ようやく顔をあげ一瞬だけ目を開けましたが、感じている自分の顔をみるのは恥ずかしいですね…
主様のニコニコした笑顔だけは、はっきり見えました。

洗面台の上に、主様に抱っこされ乗せていただきM字に開脚していただき突いていただきました。
いつもと違う姿でのエッチは恥かしいし、洗面台の上は狭くてぎこちない感じがしました。
でもSMの動画で見た事のある姿にkanaeがなっていた事が嬉しかったです。

お風呂では、お姫様抱っこで…愛撫。
お湯の中でも感じて濡れていた事を主様に言われ、恥ずかしかったです。
そしてお揃いのネックレスを交換しました。
主様のしていたネックレスは主様の香りがして、主様を身近に感じる事ができて嬉しくなりました。

そしてアナルを指でほぐしていただきました。
だんだん指が増えていき、アナルをリズムよく捩じるように主様の指が動きます。
オ〇ンコにも指が入り、何本入ったのかはわかりませんでしたが、アナルもオ〇ンコも主様の指で一杯でした。

『今のkanaeのダブルフィストの指の本数、オ〇ンコ4本、アナル3本』
そう主様からメールが届きました。
徐々に本数を増やして拡張してくださるそうです。

絶対にアナルでフィストするなんてできない…そう思っていましたが、抵抗なく受け入れようとしているkanaeがいます。
それも主様のご希望はダブルフィストです。
主様に調教していただければ、それもできる気がしてきます。

浴室にあったマットに横になり、主様はkanaeの髪が濡れないように、バスタオルを枕代わりに敷いてくださいました。
身体にローションをつけて愛撫してくれたり、シャワーをオ〇ンコに当ててくれたり…
凄い強い刺激で、恥ずかしい声が響いていた気がします。

一時間半ほどホテルで過ごしました。

夜中だった事、kanaeがあまり行かない場所での待ち合わせだったこともあり、心配してくださった主様が、kanaeの家の近くまで車で後を着いてきてくださりました。
とても嬉しかったです。
こんな優しい主様の奴隷になれてkanaeは幸せです。


少しづつ…

最近は主様と毎日のように電話で話しています。
主様の日常の事や主様の気持ち、主様の声が直接聞けるのは、主様を身近に感じる事ができて嬉しいです。

今まで主様は口にはしませんでしたが、主様を不安な気持ちにさせてしまい、鈍感なkanaeはそんな事も気づかずにいました。
その事に気づけたのも電話で毎日話しているお陰です。

今日は、主様にオナの許可をいただき、電話しながらオナさせていただきました。
主様の声を聴きながらするオナは、一人でする時とは違い凄く気持ちがいいです。
『電話だからイク時はちゃんと言いなさい』そう主様に言われ、イク瞬間を主様に聴いていただけました。
主様のフィストが恋しくなりましたが、もう少しの辛抱です。

主様と一緒の時は、kanaeは主様に甘えっぱなしです。
調教中も、調教が終わった後もそう…主様に甘えっぱなし。
責めていただいた後は、腕枕をしていただいたり、お風呂で抱っこしていただいたまま、ゆっくり過ごしたり。
主様の腕に抱かれていると心地よくて、時間を忘れ安心して身体を預けてしまいます。

主様に会うまでは、奴隷は痛くても苦しくても、主が望むことは受け入れて耐えないといけない…ずっとそう思っていました。
調教されたい気持ちはあるけど、痛いのが苦手なkanaeは、それがちょっと苦痛でもありました。

でも主様は違っていて、『二人で楽しめるような調教をしたい…』と言って下さいました。
『kanaeはそんな調教は物足りないかもしれないな…』そう言われた時もありますが、kanaeには、そんな主様の調教の方が合うみたいです。

辛い痛みを感じた時は痛い事を主様に伝えると、加減してくださいます。
スパンキングは痛かったけど、主様の手も痛いんだと思うと主様の愛情を感じる事ができ、嬉しかったです。
そんな主様の調教は毎回楽しくて、主様に見守られながら少しずつ『できる事』が増えるのが嬉しくてしかたありません。

イラマチオもフィストも、抵抗のあったアナルもできるようになりました。
先日は尿道責めもしていただき、少しづつ主様好みに開発されて淫乱な身体になっていくのが嬉しいです。
『いつかはダブルフィストしたい…』と仰っていた主様の言葉も、実現する日が来そうです。

主様に会う露出デートの日が近づいてきています。
主様はkanaeの為に露出デート用の洋服と、新しい調教道具を準備してくださったそうです。
きっと恥かしい透け透けのブラウスだと思いますが、主様に選んでいただいた洋服を着て、主様に選んでいただいた道具で調教していただけるkanaeは幸せです。


初の尿道責め

前回の体調不良の調教から、5日経ちました。
完全に体調は良くなっていませんでしたが、主様に会うのが待ち遠しかったです。

朝起きると、月に一回のものが来始めてしまいましたが、主様は気にしない方なので予定通り会う事ができました。
主様と会う日にぶつかってしまったのは今日が2回目ですが、主様に会えて嬉しい反面、私としてはだいぶ恥ずかしいです。

日曜日ということもあり、少しだけ家を出るのが遅くなりました。
待ち合わせ場所で、主様に首輪をつけていただき、プチ露出して責めていただきました。

車内で愛撫していただいていましたが、主様に『kanae、上を脱いじゃいなさい…』と言われ、ほぼ全裸状態になりました。
そこで、いつものオモチャで責めていただき、気持ち良くて我慢できずに少しだけお漏らししてしまいました。
『ここで、お預け。後はホテルで…』そう主様に言われ、中断しました。
BlogPaint



突然主様が車の外を見ながら、私の身体を隠すようにしてくださいました。
駐車場の係員の方が近づいてきたようで、慌てて私は脱いだシャツを身体にかけ、恥かしくてドキドキしていました。
運転席の脇に駐車場の係員らしき男性の姿が見えた時は驚きましたが、主様が私に覆いかぶさるようにして見えないように隠してくださりました。
前のラーメンやさんでもそうでしたが、とても頼りになる主様でkanaeは幸せです。

227号室
DSC_0282





今日のお部屋もガラス窓のお洒落なお部屋でした。
前回はイラマチオができなかったので、今日はどうしてもしたくて…イラマチオさせていただきました。
喉の奥に入れ始めると、主様が頭を押さえて下さり、そうされるのがとても嬉しいkanaeです。
主様がkanaeの頭を押さえてくれるのが嬉しくて、もっと奥まで入れたくなります。
終わった時には、苦しそうな顔でヨダレを垂らし恥ずかしい姿なのですが、そんな姿を主様に見てもらえる事に幸せを感じてしまいます。
『今までで一番長かったな…』
毎回そう言っていただけるのがとても嬉しいです。

タ〇ポンを使用していたので、外すように主様に言われました。
プチ露出で凄く感じてしまっていたので、抜くのにちょっとだけ苦労しました。
そして、主様に呼ばれるままkanaeの指定席、主様の膝の上に納まりました。
BlogPaint



乳首に鈴をつけていただき、乳首が伸びて良い感じになってきたと主様に言っていただけました。
乳首を弄っていただいたりする度に、オ〇ンコも気持ち良くて自然に身体が動いてしまいます。
そんなkanaeを主様はいつもニコニコして見ていてくれます。

今日もアナルに主様のオシッコを入れていただきました。
時間をかけて指でほぐしていただき、アナルには主様の指が4本入るようになりました。
またkanaeの指定席に戻り、今度はアナルに主様のオ〇ンポを納めていただきました。

以前見せていただいていた『シッポ』をアナルにつけていただきました。
DSC_0288-1



袋に入った状態でしか見た事がなかったのですが、袋を開けてみると思っていたよりも太いフサフサとしたシッポでした。
アナルに主様のオシッコをいただいたので、シッポの毛を汚してしまわないか心配でした。
プラグ部分が柔らかく、すんなりと入りましたが、少しでも動くと抜け落ちてしまいそうでした。
30 056-1



今日はお昼前に4回も主様のオシッコをアナルにいただきました。
オシッコ姿を見ていただくために浴室の椅子に座りましたが、出てくるのはkanaeのオシッコではなく、アナルにいただいた主様のオシッコでした。
恥かしくて確認できませんでしたが、主様はシャワーをkanaeのオ〇ンコにかけて洗い流してくださいました。
シャワーの刺激で感じてしまい、勢いのよいお漏らしを主様の身体にかけてしまいました。
シャワーの責めに凄く感じてしまい、浴室の中に感じている声が響き恥ずかしかったのですが、凄い刺激で声を押さえる事ができませんでした。

少し落ち着きを取り戻し、立って主様と抱き合っていると、また主様のオシッコがkanaeのアナルから出てきてしまいました。
ただ、オシッコだけでなかったのが凄く恥ずかしくて…また主様にシャワーで綺麗に流していただきました。

主様は浴室から出ると、いつもkanaeの身体を拭いてくださります。
kanaeは主様と一緒の時は、すべて主様に甘えっぱなしです。
もともと甘えん坊なので、大好きな主様に甘えられるのはとても嬉しいです。

今日のお昼は、キムチチャーハン、エビチャーハン、ラーメン、海老サラダでした。
サラダのドレッシングが少々辛かったですが、凄くお腹がすいていて美味しくいただきました。
DSC_0290DSC_0292-1




サービスのデザートは、洋ナシのゼリーに、レアチーズのムースでした。
一つのスプーンで、kanaeが主様に食べさせてあげたりして、楽しく主様といただきました。
いつもは片方だけなのに、今日は両方の乳首に生クリームをつけていただき、舐めていただきました。
冷たい生クリームをつけていただき敏感になっている乳首を、温かい主様の口舌で舐めていただくと、トロけそうなくらい気持ちいいです。

前回の日記に、主様と楽しいお昼をたべるようになったから太った事を書いたので、主様はメジャーを準備していました。
計ってもらうと、少し前に集団検診で計ったウエスト周りより数センチ増えていました。
やっぱり太っていましたが、幸せ太りですから仕方ないですね。

今日はM字緊縛していただきました。
凄く綺麗に緊縛していただき嬉しくなりました。
30 069-1




前に『尿道責めをしたい…』そう主様は仰っていました。
M字に緊縛され、主様はカテーテル…(だったかな?)らしき物をkanaeのオ〇ンコの部分に当てました。
ちょっと痛いような感じがしましたが、主様が慎重にカテーテルを入れてくれているのがわかりました。
初めての尿道責めは、今まで味わった事のないような不思議な感覚でした。
主様は半分ほど液体の入ったコップを見せてくれました。
最初見せられた時は何かわかりませんでしたが、kanaeのオシッコでした。
ほんの数秒で、こんなに出たなんて信じられませんでした。
BlogPaint



コップが枕元に置かれたのが、余計に恥ずかしかったです。

カテーテルがゆっくり外され、M字のまま四つん這いのようにされました。
腕が締め付けられきつくなったので、縄をほどいていただきました。
腕には、はっきりと縄の跡が残り、綺麗な縄跡が嬉しくてぼんやり眺めていました。

オモチャで責めていただきました。
電マのアタッチメントで、オ〇ンコの中が凄く気持ちいい…でもクリに当たる部分は刺激が強くて痛くなってしまいました。
その事を主様に伝えると、別の物を持ってきてくださいました。
使ってもらったのか…よく覚えていないのですが、主様のフィストが欲しくなってしまいました。
たぶん、フィストをおねだり…したような気はします。
kanaeはもう、主様のフィストなしの調教は考えられなくなっています。

クタクタになって動けなくなっているkanaeを、主様は背負って浴室に連れて行ってくれました。
一緒にお風呂に入り、またラッコのような姿で主様の身体の上に寝かせていただきました。
気持ち良くてウトウトしていましたが、主様が縄の跡を揉んでくれているのがわかりました。
BlogPaint



とても優しい主様に調教していただけ、kanaeは幸せです。

まったりと…

前回の調教から10日、数日前に私は風邪をひいてしまいました。
主様に風邪を移しちゃうんじゃないか…そう思いましたが、
『調教はkanaeの体調次第で、まったりとベッドで過ごすのもいいだろう…』と主様が言って下さりました。

主様の車に移ると、少し熱っぽいな…そう言われ、プチ露出なしで、まっすぐホテルに直行しました。

217号室
BlogPaint





ホテルで主様に服を脱がせてもらい、少し短く縫い直したミニスカートをはいてお披露目しました。
そしてテーブルに手をつき、主様にアナルを指で解していただいた後、オ〇ンポを入れていただきました。
最近は体調不良でアナルの練習をしていなかったので心配でしたが、少しも痛みは感じませんでした。
主様に調教していただき、少しずつ主様好みに身体が変わっていくのが嬉しいです。
そしてアナルの中に、主様の温かい聖水を入れていただきました。

ソファーに腰かけている主様にご挨拶をし、ご奉仕をしました。
喉の奥まで入れようとしましたが、私の体調を心配してくださり、今日はイラマチオはしなくていい…そう仰いました。
しばらくして『おいで…』と声をかけていただき、主様の上に向い合せに抱っこする形で、主様の温かいオ〇ンポの上に重なりました。
たくさんキスしたり、愛撫していただいたり、久しぶりの主様の感触が気持ち良くて、主様に抱きついていました。

指輪代わりのお揃いの物が欲しくて、チョーカータイプのネックレスを準備しました。
そのネックレスをお互いに着け合いっこをし、しばらく主様とイチャイチャしていました。

後ろ手に緊縛していただき主様の膝の上にお腹を乗せて、お尻を平鞭で叩いていただきました。
平鞭で叩かれたのは初めてで、優しく撫でられたり、強弱をつけて叩かれたり、スパンキングに変わったり…続けて叩かれると凄く痛くて、主様の脚にしがみついていました。
痛いけど主様に叩いていただけるのは嫌じゃなくて、もっと叩いてほしい…そう思いました。

その後ベッドにうつ伏せに寝かされ、バラ鞭でも叩いていただきました。
バラ鞭は痛みはなく、パラパラ…と当たるのが、くすぐったい様な感じもしましたが心地良かったです。
BlogPaint




平鞭は凄く痛かったのですが、後で写真を見せてもらったら思っていたほど赤くはなっていませんでした。
主様に聞いたら、私の体調が悪かったので手加減してくれたそうです。
手加減なし…は、もっと凄く凄く痛いと思うと心配ですが、主様にまた平鞭で叩かれたい…と思ってしまいます。

今日のサービスのデザートは、マンゴープリンと水羊羹でした。
どちらも美味しくいただき、生クリームは乳首に付けていただき、主様に舐めていただきました。
DSC_0287-1DSC_0289-1





主様は私の体調が悪いので栄養あるものを…そう言って下さいましたが、お腹の調子も悪かった事もあり消化の良いうどん、主様は焼き肉定食、それとシーザーサラダを仲良くいただきました。
主様といただく食事はいつも美味しくて、とても楽しみな時間でもあります。
当分ダイエットはできそうもなく、実際に主様と出逢ってから太りました…

電マにアタッチメントをつけた物で責めていただきました。
オ〇ンコの中での振動も凄いけど、ク〇トリスに当たる部分も凄くて…脚を閉じて刺激を抑えたいのに、主様の身体で固定され閉じる事ができません。
電マの音が高くなり、ますます刺激が強くなってきて…凄く気持ちいいのと、あまりにも強すぎて痛い気もするけど、それでもやめてほしくない、自分でもどうして欲しいのかわからなくなります。
脚を閉じられなくされたり、刺激を強くされたり、優しい主様が責め始まると意地悪に感じる時がありますが、そんな責めをしてくれる主様が大好きで、淫乱な身体に導いていただけ、とても幸せです。

今日もフィストをしていただきました。
前回ほどの痛みもなく、スムーズに主様の手が入りました。
奥の方で優しくグリグリと動かされると凄く気持ち良くて…たぶん叫んでいたような…アナルにもローターが入っていたような…いつもですが、感じすぎて記憶が曖昧になってしまいます。
その状態でク〇トリスに電マが当てられると、凄すぎて…

きっと凄く感じて濡れていたのだと思います。
時おり主様は、タオルでオ〇ンコ周りを拭いてくれ、安心したのを覚えています。

主様が私の手を入れてフィストさせてみたい…そう言っていたのを思い出し、朦朧としながら自分の手を入れさせていただきました。
なかなか全部は入らず、指の半分くらいまで4本横にそろえたままで入りました。
信じられないほどヌルヌルになっていて、温かい…ここに主様の手がすっぽりと入るようになったのが嬉しくて仕方ありませんでした。
主様にそんな淫乱な身体に開発していただけた事が嬉しかったです。
BlogPaint




今回は、主様の手の大きさほどのディルドも入れていただきました。
一番初めの時に見せていただいた大きなディルドでした。
主様の手とは違う大きな冷たい塊がオ〇ンコの中に入りました。
そして電マでの責めをされると、もう凄すぎて大変です。

動けなくて、ベッドにぐったりしていると、うつ伏せにされアナルに聖水をいただきました。
今日は5回、主様の温かい聖水をアナルにいただきました。
主様の聖水が私の中に入ってくる…それが嬉しいです。
BlogPaint





ちゃんと浣腸もしていただきました。
浣腸液でお腹の中が一杯になると、主様の膝の上に向い合せに座るのが当たり前になってきました。
主様の膝の上は、kanaeの指定席です。
恥かしくて主様に抱きつきながら、主様の聖水の浣腸と一緒に、たくさんの恥かしい事が続きます。
何度、主様の前で見ていただいたことか…いまだに慣れず恥ずかしいです。

お風呂でもフィストしていただいた様な…フィストじゃなかったかな?…よく覚えてないのですが、気持ち良かったのは覚えています。
その時ちょっとしたアクシデントがあり、今までの中で一番恥ずかしかったように思います。

そして陰毛の幅を、前回より1センチほど狭く剃っていただきました。
段々主様好みの姿に近づいていくのが嬉しいです。

夜、主様からメールが届きました。
kanaeには、体調悪いのにもかかわらず頑張ってもらえたので楽しめました。

大好きな主様に楽しんでもらえるのが一番嬉しいです。
私も楽しい時間を過ごせました。

次回の調教までには体調を整えて、もっと楽しい調教の時間にしたいです。

メッセージ

名前
メール
本文
アクセス
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ